| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 さくバーバの甘夏柑マーマレード

さくバーバが、初収穫して追熟していたさくジー菜園産甘夏柑を使って、甘夏柑マーマレードを作りました。
 
早速、朝食でいただきました。
 
200117amanatukan_marmalade
 
~自家製カスピ海ヨーグルトに
出来上がった甘夏柑マーマレードをトッピング~
 
また、瓶詰マーマレードが8瓶できました。
7瓶は「さくバーバの甘夏柑マーマレード」として、あちこちにお分けすることになっています。
 
200117amanatukan_marmalade2
 
200117amanatukan_marmalade_label
 
(上:出来上がった瓶詰マーマレード8瓶
下:さくジー制作の瓶ラベル)
| 投稿時刻 10:01 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 野沢菜漬け

犬仲間のルナ家から、姉妹都市長野県木島平村の市民農園で収穫した野沢菜を頂戴しました。
 
191127yasai_kijimadaira
 
(長野県木島平村の農園で採れた野沢菜)
 
 
この野沢菜で、
さくバーバが「野沢菜漬け」を作りました。
 
よく洗って塩をまぶしながら樽に漬ける。
 
191128nozawana
 
漬物石を乗せ、水が上がるのを待ってから、
塩、昆布、唐辛子などを入れていまいちど漬ける。
 
191130nozawana
 
191202nozawana
 
4日ほどで出来上がり。
少し筋っぽい野沢漬けとなったので、
細目に刻んで食べてみました。
冷凍保存して長く楽しみます。
 
191204nozawana
 
 
| 投稿時刻 17:17 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 大根を天日干し

今日午前、さくバーバはお友達の紹介で“大根抜き会”に参加し、立派な大根4本を持ち帰ってきました。
 
191130daikon_nuki_kai
 
(大根抜き会)
 
191130dakon
 
(持ち帰った大根)
 
うち3本を「干し大根の漬物(即席漬け)」などにすることにし、早速天日干しにしました。
 
191130dakon2
 
(大根の天日干し)
~輪切りにした大根は竹ざると乾燥用3段かごで、短冊状に切り込みを入れた大根は紐を通して物干しに(“タコ干し”で)干しました~
 
(More... 2019.12.1 19:00
「干し大根の即席漬け」ができました!
 
191201daikon_sokusekiduke
 
(More... 2019.12.10
天日干し(“タコ干し”分)が終わり、「干し大根」が出来上がりました。
 
191210hosi_daikon
 
191210hosi_daikon2
 
*************
 
〔わが家の大根の生育状況〕
 
191130daikon_joukyou
 
~“先行大根”を追っかけて種まきした大根も無事発芽しました。“先行大根”ともども、今日の大根に負けないような立派な大根に育ってほしい・・・~
| 投稿時刻 14:22 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 ほうとう、ブランデー梅酒、シシトウの辛味噌炒め

さくジー菜園で採れた野菜(カボチャ、シシトウ)を使った「ほうとう」と「シシトウと茄子の辛味噌炒め」を、梅で作った「ブランデー梅酒」を味わいました。
 
〔お昼〕ほうとう
先に収穫し追熟20日間のカボチャを具材として使った「ほうとう」を食べました。美味しかったです!
 
190727kabocha
 
~カボチャは収穫時期が早すぎた?ためか、
“ホクホク感”が少ない感じでした~
 
〔夕食〕ブランデー梅酒
仕込んでからもうすぐ2か月となるので、飲んでみることにしました。美味しく出来ていました!
 
190727brandy_umeshu
 
〔夕食〕シシトウと茄子の辛味噌炒め
今朝収穫したシシトウです。美味しくいただきました。
 
190727sisitou
 
****************
 
〔2019.7.22 夕食〕カボチャサラダ
収穫・追熟カボチャの最初の料理は「カボチャサラダ」でした。
カボチャが未成熟でカボチャの旨味は“いまいち”でした。(今年のカボチャ栽培は収穫時期が早すぎたようです)
 
190722kabocha
| 投稿時刻 21:48 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 青梅の甘酢漬、ブランデー梅酒、青梅シロップ

2日に収穫した約3kgの梅でさくバーバが「青梅の甘酢漬」、「ブランデー梅酒」、「青梅シロップ」を作りました。
 
ここ数年、わが家の収穫梅はほとんどを「梅酢」作りにしていましたが、昨年作った「梅酢」がまだたくさん残っていることもあり、今年は「青梅の甘酢漬」、「ブランデー梅酒」、「青梅シロップ」を作ってもらいました。
 
19060made_from_bungoume
 
左から
 
青梅の甘酢漬(仕込み:2019.6.4)
青梅(ブンゴウメ) ・・・ 1 kg
らっきょう酢 ・・・ 1 リットル
 
ブランデー梅酒(仕込み:2019.6.3)
青梅(ブンゴウメ) ・・・ 800 g
ブランデー(VO) ・・・ 640 ml
氷砂糖 ・・・ 300 g
 
青梅シロップ(仕込み:2019.6.4)
青梅(ブンゴウメ) ・・・ 1 kg
氷砂糖 ・・・ 700 g
グラニュー糖 ・・・ 300 g
ホワイトリカー ・・・ 半カップ
 
190605zairyou
(材料)
| 投稿時刻 10:45 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 山椒の“実と葉”の佃煮/パセリ

庭の山椒が“実”も採れるようになったので、“若葉”とともに採取し、山椒の佃煮にしてもらいました。 
 
190516sanshou
 
(採取した山椒)
 
190516sanshou2
 
(“若葉”と“実”に選別した山椒)
 
190516sanshou3
 
(山椒の佃煮)
~山椒の“若葉”と“実”、ジャコ、塩昆布、かつお節入り~
 
--------------------
 
4月中旬に苗2株を植え付けたパセリが生長し、収穫できるようになりました。(なお、この2株の間に植えた越年パセリは枯れてしまいました)
葉っぱを10枚ほど残し摘み取って収穫しました。
 
190516parsley
 
(パセリの生育状況/収穫前)
 
190516parsley2
 
(収穫したパセリ)
| 投稿時刻 07:12 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 「らっきょう」を漬けました

鹿児島のさくバーバの姉上様のところから、今年も土付き「らっきょう」(南さつま市産 3.5kg)が届きました。
 
さくバーバが早速、2.5kgは「酢らっきょう」に漬け(土付きらっきょうを洗って“らっきょう酢”に漬け)、残り500gは「簡単塩漬け」にしました。
 
190508rakkyou
 
(届いた「らっきょう」と“らっきょう酢”)
 
190508rakkyou2
 
(漬けた「酢らっきょう」=2kgと1kgの2瓶)
 
190508rakkyou3
 
(「簡単塩漬け」=500g)
| 投稿時刻 10:39 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 甘夏柑マーマレード

今年も、さくジー菜園の甘夏柑を使った甘夏柑マーマレドづくりが始まりました。
 
190104amanatukan5
 
さくジー菜園の甘夏柑は今年も大豊作!これまで既に40個収穫してきましたが、さらに5個を収穫し、さくバーバが今季初の甘夏柑マーマレド(大小5瓶)を作りました。
“無農薬、添加物なし、甘さ控えめ”の健康的で美味しい「甘夏柑マーマレード」です!
 
DSCF1860
 
~今年も大豊作でした~
 
190104amanatukan
 
~マーマレード用に使用した5個です~
 
190104amanatukan2
 
~皮を刻み、むいた実も全部使用しました~
 
190104amanatukan_3
 
~出来上がり!~
 
190104amanatukan4
 
~出来上がったマーマレードを大小5瓶に詰め、
シール「さくバーバの甘夏柑マーマレード」を貼り付けました~
| 投稿時刻 21:06 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 金柑のシロップ煮

金柑のシロップ煮がたくさんできました!
 
一昨日、さくバーバがお友達のお誘いで“金冠狩り”に参加し、金柑をたくさん持ち帰ってきました。
早速、金柑のシロップ煮作りに着手、金柑のシロップ煮がたくさんできました。 
 
181212kinkan
 
(金柑狩りでゲットした金柑=4.6kg)
 
181213kinkan
 
(一昨日出来上がった金柑シロップ煮)
 
181214kinkan
 
(昨夜出来上がった金柑シロップ煮)
 
************
 
さくジー菜園の金柑はまだまだ“青く”、収穫はしばらく先ですが、着果数が10個に満たない不作の状態です。 
 
181214kinkan_saien
 
さくジー菜園の金柑)
 
| 投稿時刻 08:45 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 大根の天日干し

大根を天日干しにしました。
 
今日午前、さくバーバはお友達の紹介で“大根抜き会”に参加し、立派な大根5本をゲット、うち2本はご近所の知人宅に届け、残り3本を持ち帰ってきました。
大きな大根だったので、大半(2.5本分)は「干し大根の漬物(即席漬け)」にすることにし、早速天日干しにしました。
 
181201daikon
 
181201daikon2
 
(持ち帰った3本の大根)
 
181201daikon_hosi2
 
181201daikon_hosi
 
(大根の天日干し)
~輪切りにした大根は竹ざると乾燥用3段かごで、短冊状に切り込みを入れた大根は紐を通して物干しに(“タコ干し”で)、干しました~
| 投稿時刻 17:31 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 干し柿の出来上がり!

干し柿が出来上がりました!
 
181105hosigaki2
 
10月末に、近所のさくバーバのお知り合いのさん方から、大型の干し柿“百目柿”を2個(しかも、皮むきをして、かつ吊るしひも・手揉み用の手袋付きで)頂戴しました。
早速吊るして干し、晴天下で1週間余が経過、ほぼ干し上がったので、~チョット早めでしたが、今後の天候が思わしくなく、カビが心配されるので~、本日、取り入れました。
 
美味しそうです!さん、ありがとうございました。
 
181029hosigaki
 
(干し初め 2018.10.29)
 
181105hosigaki
 
(取り入れの前)
| 投稿時刻 09:58 | コメント:2 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 芋がらの酢漬けと干しズイキ

「芋がらの酢漬け」と「干しズイキ/芋がら」ができました。
 
181019imogara_suduke2
 
(芋がらの酢漬け)
 
181022imogara
 
(干しズイキ/芋がら)
 
世田谷産の里芋の茎を4束入手したので、2束は「酢漬け」に、もう2束は天日干しして「干しズイキ/芋がら」にしてもらいました
 
181021imogara
 
世田谷産の里芋の茎)
 
181019imogara2
 
(薄皮剥ぎなど下作業中)
~アクが強かった! そうです~
 
 
【酢漬け】
 
181021imogara_suduke 
 
***********
 
【干しズイキ/芋がら】
 
181020imogara_tenpibosi
 
181021imogara_tenpibosi2
 
(天日干し)
 
181022imogara2
 
(干しズイキ/芋がら)
~出来上がり!~
| 投稿時刻 19:35 | コメント:4 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 栗おこわ

夕食で、「栗おこわ」をいただきました。
美味しい秋の味覚を楽しみました。
 
181021kri_okowa
 
おこわの栗はさくジーの散歩道の農家の栗。昨日、売り切れないうちにと、早めに散歩に出かけ、ゲットしました。
1日天日干しをして、本日、皮をむき、「栗おこわ」にしてもらいました。 
 
180911kuri_seijou
 
(散歩道の農家の栗林/成城 2018.9.11撮影
 
181020kuri_seijou2
 
~この日の最後の1袋でした!~
 
181021kuri
 
(天日干しと皮むき)
~この部分だけはさくジーが担当しました~
 
181021kri_okowa_2
 
(「栗おこわ」)
~甘い栗で美味しかった!~
| 投稿時刻 19:19 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 嬉しい贈り物が届きました!

故郷の友人、熊本のA君ところから、またまた嬉しい贈り物が届きました。
 
小・中学校時代からの熊本在住の友人A君が、
・私たちの故郷小国町の実家の畑で栽培し、自から作った粉末の「柚子入りとうがらし」と、その原料となった「とうがらし/鷹の爪」
 
・同じとうがらしと柚子で作った調製間もない青い「柚子とうがらし」~とうがらしは早い時期に収穫、冷凍保存し、柚子の収穫を待って調製したとのこと~、と、青い「柚子」(→“スダチ?”でした!)
 
・熊本地震で大被害を受けた西原村俵山界隈で収穫した貴重な「ぜんまい」
を送ってくれました。
 
丹精を込めて作っていただいた贈り物、ほんとうにありがとう! “故郷の熊本・小国”が思い出されます。
A君に感謝!
 
181016okurimono_from_kumamoto
 
(嬉しい贈り物)
~左:「柚子入りとうがらし」と「とうがらし」、中:「柚子とうがらし」と「柚子」、右:「ぜんまい」~
| 投稿時刻 14:02 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 梅干し 出来上がり!

梅干しが出来上がりました!
 
180724umebosi_sio
 
(塩漬け梅干し)
 
180724umebosi_rakkyousuduke
 
(らっきょう酢漬け梅干し)
 
わが家の青梅で漬け込んだ梅干しが土用を迎えたので、“猛暑”の日差しの下で2日間、「土用干し」をしました。
美味しそうな綺麗な梅干しに干し上がりました。(なお、製作者はさくバーバさくジーはアシスタントでした)
 
以下の写真は、
左:塩漬け梅干し(ブンゴウメ 2.7 kg、塩 490g/18% + 赤紫蘇)、
右:らっきょう酢梅干し(ブンゴウメ 1kg、らっきょう酢 1000ml+ 赤紫蘇)
 
180722umebosi
 
(土用干し/2018.722 干し始め)
 
180723umebosi_hosiagari
 
(土用干し/2018.723 干し上がり)
 
---------------------
 
さくバーバの故叔父様に書いていただいた毛筆書「梅の生涯」をあらためて懐かしく眺めました。
 
180724umenoshougai_keihou_1958
 
(昭和癸亥歳風待月 桂峰書「梅の生涯」)
~明治から大正の時代にかけて、
尋常小学校の国語教科書に載っていた詩~
| 投稿時刻 09:53 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 らっきょう

鹿児島のさくバーバの姉上様から大粒の立派な土付き「らっきょう」が届きました。
 
さくバーバが早速、「酢らっきょう」として漬け込みました。
 
180713rakkyou
 
(左:鹿児島から届いた「らっきょう」、右:らっきょう酢/購入)
 
180713su_rakkyou
 
(漬け込んだ「酢らっきょう」)
| 投稿時刻 19:50 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 梅干し作り

わが家の青梅で梅干しを作っています。
6月1日に収穫した青梅を陰干しして完熟させ、赤紫蘇を投入して漬け込みを終えました。
 
180611umebosi_tukuri
 
(漬け込みを終えた梅干し漬け)
~左:塩漬け、右:らっきょう酢漬け~
 
【梅干し/塩漬け】
 
180606sioduke
 
(青梅を完熟中=2018.6.6)
 
180606sioduke2
 
(塩漬け=2018.6.6)
 
180609sioduke
 
(塩漬け=2018.6.9)
~重しで水か上がってきた状態~
 
180611sioduke
 
~赤紫蘇を入れて、漬け込みを完了=2018.6.11~
 
---------------------
 
【梅干し/らっきょう酢漬け】
 
180606rakkyousuduke
 
(らっきょう酢漬け梅干しの材料)
~完熟させた梅、赤紫蘇(もみしそ)、らっきょう酢~
 
180606rakkyousuduke2
 
~漬け込みを完了した
らっきょう酢漬け梅干し=2018.6.6~
| 投稿時刻 20:13 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 山椒の佃煮

山椒の若葉を摘みとり、「山椒の佃煮」(ジャコ・ナッツ入り)を作ってもらいました。
 
180411sanshou
 
180412sanshou
 
180413sanshou_tukudani
| 投稿時刻 08:09 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 鹿児島のたけのこ、わが家のツワブキ

鹿児島からたけのこ(筍)が届きました。〔4月3日〕
わが家のツワブキを収穫しました。〔4月6日〕
 
これらを素材に美味しい料理を作ってもらいました。
 
180403takenoko_kagishima
 
180403takanoko_kagoshima2
 
(届いた筍)
 
180406tuwabuki
 
180406tuwabuki2
 
(わが家のツワブキ)
 
---------------------
 
180403takenoko_nuta
 
(筍のぬた和え/4月3日)
 
180405takenoko_okowa
 
(筍のおこわ/4月5日)
 
180406takenoko_cheeze
 
(筍のチーズ焼き/4月6日)
 
180406tuwabuki_nimono
 
(ツワブキと筍の煮もの/4月6日)
| 投稿時刻 08:27 | コメント:2 | TOP↑スマホ表示へ

≫ EDIT

 故郷の友人から贈り物

故郷の友人A君から嬉しい贈り物が届きました。
 
180404orikumono_from_a
 
小・中学校時代からの熊本の友人A君が、
・私たちの故郷小国町で栽培し、自身で漬けた「小国高菜漬」(青高菜漬けと古漬け/油炒め調理レシピ付き)と、
・故郷小国で栽培し自ら作った「柚子皮入りとうがらし」
を送ってくれました。
 
丹精を込めて作った贈り物、ありがとう!
故郷に思いを致しながら、そして感謝しながら美味しくいただきます!
 
--------------------
 
夕食で、小国高菜漬け(青高菜漬け)をいただきました。
懐かしい故郷小国の春の味と香りを早速楽しみました。
 
180404oguni_takana
| 投稿時刻 19:55 | コメント:2 | TOP↑スマホ表示へ

| PAGE-SELECT | NEXT