PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◇ 山菜の料理に奮闘中

さくバーバが昨夜から、新潟「國安」から持ち帰った大量の山菜の下処理や山菜の料理に“奮闘中”です。
次の写真上は、昨夜の下処理作業中の様子。写真下は、今朝やっと下処理を済ませた山菜の一部です。
 
140428sitashorityuu
 
140429sitashorigo
 
(左から、イタドリ、タゼリ、コゴミ、ミズ、ワラビ)
 
それでもさくバーバの頑張りで、少しずつ山菜料理ができてきました。
 
今朝まず、イタドリ(スカンポ)のジャムができました。ネット上のレシピを参考に作ったそうで、イタドリの酸味が効いた甘酸っぱい緑色のジャムに仕上がっていました。
 
140429itadorijam
 
これまでイタドリは“山菜料理には向かない”として採らなかった山菜でしたが、ネットで調べてみると美味しい食材として利用できることが分かり、採取して持ち帰えりました。
 
140428itadori
 
(持ち帰ったイタドリ)
 
「國安」の周りで採った山椒の葉で“山椒のつくだ煮”もできました。
 
140429sanshou
 
きょうのお昼には、“山菜ごはん”と“ウルイの塩昆布和え”をいただきました。
 
140429sansaigohan
 ◇ 関 連 記 事 ◇ 
| 投稿 14:25 | コメント:4 | TOP↑スマホ表示へ

コメント

イタドリ

子供の頃にはお馴染みの「ギシント」の事ですよね、酸っぱい!
調理法は、色々有りますね!

海の物は、直ぐに、切ったり、焼いたり、煮たりで、簡単に口に入りますが、
山の物は、口に入るまで、手間が掛かります。
亡くなった父が、年取ったら、海辺に暮らしたいと、申しておりました。

| oshibanayoshimi | 2014/04/29 15:58 | URL |

oshibanayoshimi様、
子供の頃食べた道の草「ギシント」。それがこのイタドリ(スカンポ)だったか、はっきりとは思い出せません。
でも「ギシント」という言葉はよく覚えています。私たち熊本・阿蘇地方だけの呼び名でしょうか?

| さくジー | 2014/04/29 20:31 | URL | ≫ EDIT

山菜取り、楽しかったっす!

先日はありがとうございました。思っていた以上にお元気そうなサクパパに会えて本当に感激!いたしました。ほんと思わず抱き着いちゃったもんね。いやあ山菜取りで山の斜面を登っていくパパにはびっくり。お酒もお食事も前と同じように召し上がるのだから、お帰りになるときは大変だったことをすっかり忘れてしまうほどでした。ご本人的には「まだまだ!」ということでしたが、私から見て完璧な復帰のように感じました。また秋が楽しみになりました。さらなる体力・筋力・胃腸力をつけておいでください。
で、サクママの「スカンポジャム」、やりましたね!考えていたより色落ちがしてなくて美味しそう。やっぱりルバーブみたいな感じに仕上がったのでしょうか。味見した~い(自分で作ればいいのではありますが)。そういえば急きょお出しした「スカンポのおひたしが」大変好評で、この時期の定番メニューに昇格しそうです。パパの「スカンポの歌」を思い出してニマニマしながら料理してます。

| いぬおかみ | 2014/04/30 21:09 | URL |

いぬおかみ様、お世話になりました。
また國安さんを訪問できたことを嬉しく思いました。“さらなる体力・筋力・胃腸力をつけて”次回訪問を目指します。
「スカンポジャム」はカスピ海ヨーグルトのトッピングとして早速いただいています。美味しいですよ!ジャムの写真の小瓶3つは今回の3家族用だそうで、國安さん用の1個は冷凍して次回持参する、色落ちを防ぐため少々レモンを加えてみたと、さくバーバが申しております。
「スカンポの歌」は、帰って調べてみたら、“題:すかんぽの咲くころ、作詞:北原白秋、作曲:山田耕筰”の格調高い歌でした。ついでのときに、YOU-TUBEの
 https://www.youtube.com/watch?v=lYv2Vq_P1-0 
(歌:西川友子さん)をお聞きになって“耳直し”をしておいてください。

| さくジー | 2014/05/01 06:20 | URL | ≫ EDIT

















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT