PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 イチゴ栽培用プランターの製作

イチゴ栽培用プランターを製作し、ガーデンデッキのフェンスに取り付けました。
 
160903strawberry_planter
 
イチゴの親株のランナー(ツル状で地上をはい、先端の芽が根を出し生長して繁殖する茎)を使って行ってきたイチゴ苗作りが順調に推移し、たくさんイチゴ苗(秋植え・来夏収穫)ができつつあります。
先日、このイチゴ苗を植え付ける木製プランターを製作、きょう、このプランターを設置場所のガーデンデッキのフェンス上段に取り付ける作業をしました。
 
160903strawberry
 
(順調に生育中のイチゴ苗)
~プランターへの植え付けは9月中旬以降~
 
----------------------------
 
◇ イチゴ用プランターの製作 ◇
 
160903schematic_drawing 160814planter2
(左:概略図、右:材料/杉板1820x180、角材40x30)
 
160814planter3 160903planter4
(左:製作作業中、右:出来上がり)
| DIY | 投稿時刻 14:22 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 新「シーサー」に“交代”

門袖壁の上の魔除け「シーサー」が孫家族のお土産の新「シーサー」に“交代”しました。
 
160820siisa
 
わが家の門袖壁の上に2014年7月に設置した「シーサー」は室内用の置物だったため、設置後2年間が経過し、雨による浸食劣化が進んでいました。ペイントによる補修を繰り返してきましたが、だんたん形が崩れてきていました。
 
140706siisa 160820siisa2
(左:2014年7月設置時、右:本日)
 
このため、孫たち家族が夏休みの家族旅行で沖縄に行くことになったので、屋外設置用の「シーサー」をお土産にお願いしました。孫たちは昨日沖縄旅行から帰着、本日、お土産の新「シーサー」を届けてくれました。
早速、“交代”(取り換え)工事を実施しました。
 
160820siisa3
 
(表札文字は差し替え加工)
| DIY | 投稿時刻 16:35 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 2段棚の製作

菜園用の土や鉢などを載せて保管する2段棚を製作しました。
 
160729storage_rack
 
菜園用の土や肥料、保管中の鉢が次第に増え、保管スペースが不足がちになってきたので、エアコン用の室外機の上のスペースを活用する2段棚を製作しました。
 
【図面(模式図)】
 
160729storage_rack_drawing
 
【材料】
1x4/6F材(約19×89×長さ1829mm)=7枚
角材(325mm)=4本
& 木部ネジ(皿頭、3.8x32mm)
160728storage_rack2
 
(ホームセンターのカットサービスを利用、上・中段板2枚は
エアコンの配線ダクトを避けるため「コの字」にカット)
 
【組み立て・塗装】
 
160728storage_rack3 160728storage_rack4
 
【設置】
 
160729storage_rack5
| DIY | 投稿時刻 16:13 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 流し台の蛇口を交換

庭の流し台の蛇口をスワン型の水栓に取り換えました。
 
160303outdoor_sink
 
(蛇口交換後)
 
160219outdoor_sink
 
(これまでの蛇口/交換前 2月19日)
 
2月19日に設置した庭の流し台は、水道使用時の水跳ねが少なく、中腰による腰負担も軽減されるなど、“春の菜園作業にも何かと威力を発揮しそう”なので、流し台での洗い作業をさらに改善する対策として、蛇口をネットで購入した「スワン型の水栓蛇口」に交換する作業を行いました。
 
160303jaguti
 
(ネット購入の蛇口/KAKUDAI製 横型スワン水栓)
~近くのホームセンターでは入手できず、ネット購入~
 
160303outdoor_sink2
 
(蛇口交換後)
~蛇口からバケツにも給水できるようになりました~
| DIY | 投稿時刻 19:03 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 流し台

立水栓パンの上に「流し台」を取り付けられるようにしました。
 
160219outdoor_sink
 
2010年に作った庭の立水栓パンが、野菜を洗うときなどに低すぎて使い勝手が悪い時がある~菜園で収穫した大根を洗う時などに水が溢れたり、腰が痛かったりした~ので、立水栓パン製作時に撤去した元のパンを利用して、着脱可能な「流し台」を作ってみました。
 
160218outdoor_sink 160219outdoor_sink2
(左:旧パンの台座に角材を取り付け、
右:腐食防止のため角材を塗装、排水ホースを取り付け)
| DIY | 投稿時刻 15:32 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 家具用コンセントの取り付け

収納棚にコンセントを取り付けました。
 
160213rack_outlet
 
先に収納棚を設置した際、壁コンセントが棚の裏になって使えなくなり、テーブルタップで対応していましたが、利用頻度が高いコンセントだったので、収納棚前面にきちんとコンセントを取り付けることにしました。
本日、壁コンセントを延長する「家具用コンセント」を棚の前面下部に取り付ける作業を実施しました。
 
160213rack_outlet2
 
(家具用ミニダブルコンセント/15A 125V Panasonic)
 
160213rack_outlet3
 
160213rack_outlet4
 
(取り付け作業中)
| DIY | 投稿時刻 17:11 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 ポルトガルの絵タイル

ポルトガルの伝統絵タイルをフレームに入れて壁に掛けました。
 
160127portuguese_tile
 
先日、ポルトガルを旅行したご近所の方からポルトガル伝統の絵タイル(ほかに特産のコルクの筆入れなども/下:写真左)を頂戴しました。絵タイルの裏面にはコルクが貼ってあり鍋敷きだったようでしたが、タイルのデザインが気に入り壁掛けにすることにしました。
壁掛けのタイルが部屋にマッチするように、昨日、100円ショップのフォトフレーム(下:写真右)を使用してタイル周囲を囲む加工を実施しました。
 
160127portuguese_tile&cork 160127photo_frame
| DIY | 投稿時刻 10:10 | コメント:2 | TOP↑

≫ EDIT

 「温室」を製作しました

植物たちを冬の寒さから保護する「温室」を製作しました。
 
151224onsitu
 
先に鉢台を製作して室内に移したクンシランなどが元気に育っているのを見て、屋外に置いたままのカンノンチクやクリスマスローズなども、冬期間は “温室に入れてあげる”ことにしました。
 
この「温室」は、これまで使用してきた2台のフラワースタンドを対向させて固定し、ネットで購入した“段なしのビニール温室”(商品名:グリーンキーパー)をこれにすっぽり被せる方法で製作しました。
 
151224onsitu2-2
 
(“段なしのビニール温室”(グリーンキーパー)の部材)
 
151224onsitu3 151224onsitu4
(左:2台のフラワースタンドを対向させ、固定しました
右:グリーンキーパーを被せました、底には保温シートを貼りました)
 
---------------------
 
151224pot_stand
 
(室内で元気に育っているクンシランとカンノンチク)
| DIY | 投稿時刻 18:43 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 小鳥の餌台

小鳥の餌台に雀が飛来し始めました。
 
151210bird_feeder
 
ちりめんじゃこが入っていた白木の小箱を、桜の枯れ枝貼付とペイントで“カムフラージュ加工”した「小鳥の餌台」を作って、ガーデンデッキフェンスの端に取り付けてみました。
“カムフラージュ加工”前の白木のままの箱ときは警戒して近づかなかった小鳥たちが、この加工で(餌(お米)につられて、)飛来するようになりました。
 
雀のほかヒヨドリも飛来ました。メジロも来てくれるといいのですが・・・
 
151209bird_feeder2
 
151210bird_feeder3
| DIY | 投稿時刻 10:04 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 収納棚を設置しました

収納棚を設置しました。
 
151203storage_rack
 
キッチン周りの小物や非常食などを収納する棚をネットで購入、本日、組み立てと設置作業を実施しました。
 
151203storage_rack2
 
(部材一式)
 
151203storage_rack3
 
(設置状況)
 
<収納棚>
・色:ダークブラウン
・サイズ:幅90奥行21.5高さ90cm、重さ約20kg
・化粧合板、可動棚板8枚付き、日本製
・商品企画
わずか奥行き21.5cmの省スペース収納! 薄型で圧迫感がなく、
開閉にスペースを取らない引き戸なので諦めていた狭い空間にもお勧め1cmピッチの可動棚で省スペースでも効率大量収納。
| DIY | 投稿時刻 17:28 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 カンノンチクとクンシラン、鉢スタンド

カンノンチクとクンシランを、新たに「鉢スタンド」を製作して室内に移設しました。
 
151121potstand
 
(2F窓際に移設したカンノンチクとクンシラン)
 
わが家のカンノンチクとクンシランは、強い夏の日差しと厳しい冬の寒さにさらしておいたためか生育が悪く、葉を枯らしたり、花がきれいに咲かない状態が続いていました。
その対策として、この夏は半日陰で育ててみたところ次第に元気を取り戻してきました。まもなく到来する厳しい冬でもこの状態を維持したいと考え、室内に設置する簡易な「鉢スタンド」を製作して"温室"の代わりとすることにしました。
 
<わが家のカンノンチククンシラン>
カンノンチクはその昔、さくバーバの母上様がさくバーバの鹿児島から熊本への婚礼の荷物のひとつとして持たせたもの。クンシランは元は福岡の亡弟が育てていたクンシランで、単身明けで東京へ帰る荷物に積み込んでくれたもの。
いずれも"由緒"ある大切なものです・・・
 
 
◇ 簡易な「鉢スタンド」の製作(2015.11.18~11.19)
 
板(ホワイトウッド1x4/6フィート)4枚をホームセンターのカットサービスで所要の長さにカットしてもらいました。
木ねじ用の下穴をあけ、皿木ネジで組み立てました。
 
151118woodenboard 151119potstand
(左:材料/ホームセンターでカットてもらった板一式、
右:組み立て後/室内の床保護用に脚底にフェルトを貼りました)
 
151120schematicdrawing
 
(構造/模式図)
| DIY | 投稿時刻 15:39 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 木製台の補修

園芸(庭)用の物置き台として屋外で使ってきた木製台が劣化したので、補修しました。(代わりの台の購入も考えましたが、板1枚(1×4材・6フィート/\283)を購入して補修することにしました)
 
(1) 補修前
 
151025woodtable
 
(天板の腐食劣化が著しい)
(2) 補修作業中
 
151025woodtable2
 
(腐食した天板を剝した状態、
左は天板等の交換用の板/ホームセンターでカット済み、
脚部はそのまま使用)
 
 
151025woodtable3
 
(天板の張り替えと脚部の補強)
 
(3) 補修完了後
 
151025woodtable5
 
(屋外使用のため塗装しました)
| DIY | 投稿時刻 17:32 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 車のキズ補修

先日、車の車庫入れに失敗し、ボディ側面にキズをつけてしまいました。ボディと同色のタッチアップペイントをネット購入し、補修しました。
 
150723kurimanokizu
 
(バックで入庫時、車庫の壁に“ガリッ!”
多分に「歳のせい」です)
150724kurimanokizu2-2
 
(キズの周りにマスキングテープを張り、
タッチアップペンで補修)
150729kurimanokizu3
 
(補修後/仕上りは“いまいち”)
| DIY | 投稿時刻 19:18 | コメント:2 | TOP↑

≫ EDIT

 雨水タンクへの散水ポンプ取り付け

雨水タンクに散水ポンプを取り付けました。
 
150727usuiponpu
(散水ポンプ取り付け後)
 
強い日差しの暑い日が続いています。水を欲しがっている庭の花や野菜への散水の回数が増えています。わが家では、散水への水道水使用を少しでも抑えるため、できるだけ雨水タンクの水を利用するようにしていますが、使い勝手が悪い状態でした。
そこで、いつもの散水用ホース・リールを“ワンタッチで”差し込んで使えるようにしようと、雨水タンクの上部に穴を開け、お風呂の水を洗濯用にくみ上げる時に使用する電動のバスポンプを取り付けました。
 
150727usuiponpu3 150727usuiponpu4
 
150727bathpumpしかし・・・
ポンプの取付工事は首尾良く終了しましたが、ポンプからの水圧が弱く、散水時、水道水使用時のような勢いがありません。
 
このバスポンプ(写真)は、この社のバスポンプシリーズのうち最強の給水能力のポンプ(NBP-70/仲佐)だったのですが、少し残念な結果となりました。
 
なにせ物が“バスポンプ”、少し力不足ですが小規模雨水タンク用には“お似合い”かもしれません。しばらく使ってみます・・・
 
 
 
| DIY | 投稿時刻 15:45 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 鉢置き台Ⅱ

玄関前の鉢を載せる「鉢置き台」を作りました。
 
150708hatiokidai
 
150708hatiokidai2
 
(強風等で鉢が落下しないよう端をL字に)
 
雨の合間をぬって、先の勝手口通路の「鉢置き台」に続き、玄関前用の「鉢置き台」を製作しました。
 
150708genkanmae 150708hatiokidai3
(左:「鉢置き台」製作前、右:製作・設置後)
| DIY | 投稿時刻 16:26 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 鉢置き台

鉢置き台を作成しました。
 
150624hatiokidai
 
鉢を載せる木製の台を作ってみました。脚はコンクリートブロック3個。
真夏の直射日光を避けることができる勝手口通路に設置し、半日陰を好む花などの鉢を載せました。
 
150624hatiokidai3 150624hatiokidai2
(材料:ホワイトウッド)(塗装作業中/裏面)
板 1×4×6F 3枚、
角材 30×300mm 3本
| DIY | 投稿時刻 15:41 | コメント:2 | TOP↑

≫ EDIT

 木製プランターの製作

木製プランターを製作しました。
 
150402woodenplanter
 
(大きさ(縦×横×高さ)=約1,100×500×200mm、
底板の穴は水抜き穴(11箇所)、ネットは土流失防止用)
 
この後に予定している春野菜の栽培スペースが不足するので、ガーデンデッキ上に設置する少し大きめの「木製プランター」を製作しました。
ホームセンターで安価な合板(1820×910×11)1枚を購入し、ホームセンターの木材カットサービスで、縦板2枚、横板2枚、底板1枚を切り出してもらいました。縦・横・底板を木ねじで固定し箱(プランター)を作り、底板に水抜き穴を空けました。さらに、底板の4隅に床用支持脚を取り付けました。
 
木製のため耐候性や腐食の点が難点ですが、割り切って使ってみます。
 
150402woodenplanter3 150402woodenplanter2
(左:購入資材/カット済合板・床用支持脚・木ねじ、 右:底面の状態 )
| DIY | 投稿時刻 16:38 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 ガレージ壁にコーナークッション

ガレージ入口の壁にコーナークッションを貼り付けました。
 
150321cornercushion3
 
ガレージに車を入れようとする時、車内から庭の擁壁の角(コーナー)が見にくく、特に夜間は、車庫入れに苦労していました。
そこで、角がはっきり見えるように、市販のコーナークッションを貼り付けました。ホームセンターで、“黒と黄色のストライプのトラクッション”を一時手にしましたが、“おとなしい黄色(単色)のコーナークッション”にしました。
 
150321cornercushion
 
(車内から)
| DIY | 投稿時刻 17:22 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 太陽光パネルの移設

太陽光パネルを移設しました。
 
150313solarpanel 150313solarpanel(140821)
(左:移設後、右:移設前/2014.8.21撮影)
 
DIY太陽光発電設備が設置から半年が経過しました。発電設備自体は異常なく動作し続けていますが、太陽光パネルを“ガーデンデッキのフェンス上”の高い位置に設置したため、ガーデンデッキへの日当たりを悪くしていました。
そこで、ガーデンデッキ上で育てる花や野菜栽培への日当たりを改善する工事として、太陽光パネルを“ガーデンデッキのフェンス前面”に取り付ける改修移設を実施しました。
太陽光パネルの設置角度(勾配)が最適とされる30度から90度(垂直)になったことで発電量は7割弱に低下しますが、太陽光発電設備の使用には特に支障はない見込みです。
 
150313solarpanel2 1503131solarpanel2(140821)
(左:移設後/日差しが回復したデッキ、右:移設前/2014.8.21撮影)
 
 
◇ 太陽光パネルの設置角度(勾配)の違いによる発電量の変化 ◇
 
設置角度(勾配)      発電量の変化(方位角が真南の場合/於 東京)
90°(垂直)                68%
80°                            77%
70°                            86%
60°                            92%
50°                            97%
40°                            99%
30°                          100%
20°                            98%
10°                            95%
  0°(水平)                89%
 
| DIY | 投稿時刻 17:52 | コメント:0 | TOP↑

≫ EDIT

 雨水排水樋の取り付け

ガーデンデッキに雨水排水樋(とい)を取り付けました。
 
150228amadoi
 
 
150228gardendeckわが家のガーデンデッキは、道路側には当初から雨水排水樋ありますが、ガーデンデッキの雨水勾配が建物側から道路側につけられており、建物側の雨水受けには雨水が溜まりにくい構造になっているため、建物側には排水樋がありませんでした。
しかし、大雨時や掃除で建物側にたくさん水を流した時などには、建物側の雨水受けにも大量の水が溜まったままとなり、部材の劣化が心配される状態になっていました。
 
(ガーデンデッキ 建物側=表)
 
雨水排水樋としてジャバラホース(37mmφ)をホームセンターで求め、雨水受けに穴(30mmφ)を開けて取り付けました。
 
150228amadoi2 150228amadoi3
(左:アタッチメント付ジャバラホース・パッキン・ビス
右:ガーデンデッキ 建物側=裏/穴あけ作業中)
 
  (more/2015.3.3~4)
追加工事として、「たてどい(竪樋)」を取り付けました。
 
150303amadoi 150304amadoi
| DIY | 投稿時刻 18:04 | コメント:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT