PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◇ 冬至
きょうは冬至。わが家も「かぼちゃ」を食べ、「柚子湯」に入りました。
 
121221wintersolstice
 
「かぼちゃ」は煮付けにしていただきました。
 
121221yuzuyuわずか1個の「柚子」は、香りや“有効成分”が出やすいように、カットして袋に入れてお風呂に浮かべました。
 
 
 
 
 
 
 
 
◇ かぼちゃと柚子湯 ~ネット上につぎのような解説がありました~
 
<かぼちゃを食べる>
冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれている。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん…など「ん」のつくものを“運盛り”といって縁起をかついでいた。かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、“運盛り”のひとつなのだ!
ビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的。本来かぼちゃの旬は夏だが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもある。
 
<柚子湯>
もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)。冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもあった。
柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果がある。さらに、芳香によるリラックス効果もあり、元気に冬を越すためにも大いに役立つ。
柚子湯に入りながら「一陽来復」(冬が終わり春が来ること。新年が来ること。また、悪いことが続いた後で幸運に向かうこと)と唱えると、さらにハッピーになれる?!
 ◇ 関 連 記 事 ◇ 
四季 | 投稿 19:47 | コメント:0 | TOP↑スマホ表示へ

コメント

















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT