PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

◇ 気管切開の閉鎖が予定されました

昨日インターネット接続ができる病室に変わり、ブログのアップができるようになりました。
 
4度目の入院も11日目となりました。
EPOCHという療法の9コース目も終わり、前回までの入退院のパターンだと既に退院している頃ですが、来週早々にも気管切開の箇所を閉鎖する処置が予定されたため、入院が続いています。
治療が進み、首周りのリンパの腫れもほとんどなくなったので、入院当初に実施した気管切開の箇所を閉鎖し、元の状態に戻すことになりました。気管切開の際の空気の通路とするために喉につけたパイプ状の「カニューレ」という器具をとり去り、切開箇所を縫合する処置が予定されたことは、気管切開で話ができない状態となり不自由してきたさくジーにとっては嬉しいステップです。
 
 
(ナースステーション前に飾られたクリスマスツリー)
 ◇ 関 連 記 事 ◇ 
健康・悪性リンパ腫 | 投稿 12:01 | コメント:2 | TOP↑スマホ表示へ

コメント

良かったですね!
煩わしい物が無くなるのですね!

今朝、NHKのあさいちは、小国の特集でした。
今、湧蓋温泉が人気の様子、「がいっちゃん」や、「田崎ちーちゃん」が居られた時とは、全くちがっているようです。蓬莱の「鍋ガ滝」や、ジャージー牛乳も放送されました。親戚の息子も出ていました。父親と同じ顔で、すぐに分かりました。
どうして、年取ると田舎が懐かしくなるのでしょう?

| oshibanayoshimi | 2013/11/28 13:10 | URL |

oshibanayoshimi様、
今朝のNHK「あさいち」の「小国の特集」、私も見ました。
奴留湯先生や田崎君を訪ねて岳の湯に行ったことや湧蓋山に登った時のことを思い出しながら病室で見ました。
“小国”に放送時間を結構割いてくれていましたね。
この年になるとほんとうに故郷が懐かしいです!

| さくジー | 2013/11/28 14:46 | URL |

















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT